命の価値

koiuykbn,m.;l.
書斎のマックの上で揺れ動くヤジロベイ。疲れた目を和ませ、頭を柔らかくしてくれます。さて、私たちのちょっと先の未来。こんなことも私はヤジロベイを見ながら考えるのです。



 もうちょっと時代が進んだ、その頃のことです。

 歳をとった私は、いよいよ、足の関節が痛み出し、歩くのが億劫になりました。
 あぁ、母とまったく同じだ。
 医者に相談して、母がしたように、人工関節にして、金属の関節器具を埋め込んでもらおう。
 
 こんなに楽になるなら、早く手術をしておけばよかったと亡くなった母は言っていました。
 だから、私も、母と同じように、そうしようと決断をしたのです。
 
 近所の大学病院に、久しぶりに出かけて行きました。

 ここで、私は脳下垂体周辺にできた腫瘍の除去を行ったのです。
 あれから、かれこれ、20年も経ってしまいました。
 大病をすると、人は用心深くなり、より健康になるといいますが、まさにその通りで、私は傍目にも若く、この膝の関節が痛まなければ、それこそ健康体そのものでありました。
 
 数日後、私は殺風景な診察室で医師と向かい合いました。
 昔のように、医師の横に座るのではなく、医師の前に座るのです。
 テーブルの上には、医師と同じ型の幾分大きなディスプレイが置かれています。
 医師も私も、このディスプレイを見て対話をします。
 
 既に私は、別の部屋で、AI医師と面談し、自分の症状を根掘り葉掘り聞かれ、必要に応じて、検査を受けていたのです。
 私の足は、レントゲン室に行くことなくその場で撮影され、採血することもなく、また、尿を取る必要もなく、基本的な検査がなされていたのです。

 この20年で、医学はこんなにも進歩したのだと驚きながら、私は診察室に入っていたのです。
 そして、私の体のデーターが今、このディスプレイに映し出されているのです。 
 
 私は、私の目の前にいる医師が、本当の人間だろうかとそっと目を遣りました。
 若く、はつらつとした表情を持つ、確かに人間の医者であると私は思いました。
 なぜなら、そっと伺ったその私の目を、その医者も同じようにそっと伺ってきたからです。

 医者が口を開きました。
 「ご要望は、人工関節で痛みをなくしたいということですね。」
 私は、ちょっと関西訛りのある医師の言葉に小さな声を出し、頷きました。

 「でも、今の病院では、どこも、それはやっていないですよ。その方法は、随分と昔の処方でね。今は、足をすっかり取り替えてしまんです。AIの埋め込まれた義足です。あなたが20歳の頃の足になりますよ。で、そのためには、幾分弱った肝臓、それに、あなたは腎臓が一つありませんね。初期のがんによって切除されていますね。これも人工肝臓や人工腎臓に替えましょう。」
 困惑する表情をする私の表情は、どうやら医師のディスプレイに映っているようです。

 「心配は要りませんよ。個人負担は一切かかりません。すべて国が面倒を見ますから。でもね。」
 医師はそういうと、しばらく、間をおきました。
 「でもね、了解してもらわなくてはいけないことが一つあるんです。」

 私は、さらに困惑をした表情を見せたのでしょう。医師が、今度はディスプレイの画面ではなく、その横から顔を出し、私の表情を見ていたのです。
 私は、その若く、はつらつとした表情の医師の動きを察知し、同じようにディスプレイの横に顔を差し出しました。
 医師の浮かべた笑みが印象的に私の視野に入りました。

 「これを施術すると、あなた。寿命がグーンと伸びるんです。自然死をお望みなら、膝の痛さを和らげる薬をお渡しします。和らげると言っても痛みはすっかりとなくなりますよ。自然死を選ぶか、寿命がグーンと伸びる手術を行うか、と言っても、すぐには選ぶこともできませんから、別室でAI医師と面談をしていただき、お決めください。すぐにお決めになる必要がありませんから、今日はとりあえず、痛みをなくす薬は出しておきますからね。」

 医師はそういうと、AI看護師に指示を出し、私を別室に誘導して言ったのです。
 個人情報の規制強化で、ありとあらゆる情報が発信を許されなくなって久しくなっていました。情報は必要な人に、必要なだけしか与えられない時代になっていたのです。
 テレビや新聞で高齢化社会を生きる健康生活のあり方などと盛んに伝えられていた情報が、今はすっかりなくなり、私は大学病院にきて、今の医学がこんなにまでなっていることに驚いたのです。

 再び、AI医師の元に案内された私は、このAI医師から驚くべき説明を受けたのです。
 <これから説明することは、政府が定めた第1級特別情報の秘守義務の管理下になされますので、説明を受けた内容を、家族はもちろん、他人に述べることは命に関わる刑罰を持って処罰されます。あなたの健康調査から、あなたは長期に命を永らえるにたる健康体であると判断されました。先ほどの診察で医師から説明がありました治療を施せば、あなたは最低200歳までの命が政府によって保証されます。自然死を望まないのであれば、どうか、手術を受けて、200歳の寿命をお受け取りください。もちろん、これまでの年金に加えて、長寿祝い金が毎月、年金の倍額でますからご安心ください。>
 というものでした。

 とすると、最近元気になって、いやに若いと思うようになっていたご近所の佐藤さんも、ネット仲間で、テレビ電話で話をする山川さんも若返ったようになっているのは、きっと、この手の手術をしたに違いないと、私は思うようになったのです。

 ……
 主人公がどのような決断をしたのか、仮に200歳の命を得たとして、どのような生活をしていくのか……。あなたならどうしますか?


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

「前美」と「後美」、その中にあった王朝、それがトランプ

w;elukhdjnfkm,.
狭い通路を登って、二階の一番前に陣取るのです。意外と、そこは空いているのです。地元の人は忙しくて、観光客は観光バスですから、私のような偏屈な旅行者には、最高の路線バス低価格ロンドン観光となるのです。


 紀元前202年、劉邦が項羽を破り、中国を再統一し、「漢王朝」を建国しました。
 以来、漢王朝は400年に渡り、中国に多大の影響を残した帝国となりました。
 その漢王朝の中に、たった15年ですが、「新」と名乗る帝国がありました。
 それが故に、私たちは、「新」を挟んで、その前を<前漢>、その後を、<後漢>と呼んでいます。

 今、アメリカという大国を見ていると、ある種の妄想を私は思いつくのです。

 政府を牽引する大臣さえも議会の承認を得ることができず、挙句に、自らの側近らを次々に解任し、身内で政権を固め、さらには、企業人からは愛想をつかされ、軍人たちからも批判の声が聞こえてくるトランプ政権。

 この政権が、あの「新」のように思えてくるのです。
 日本語がアメリカを「米国」というのとは違って、中国語では、「美国」と言います。
 それは「美しい国」と言う漢字の意味からではなく、中国語の発音から来ています。
 「美」は<mei>と発音するからです。

 ですから、私は妄想するのです。
 トランプの前のアメリカは『前美』であり、トランプの後は『後美』というわけです。

 さて、その「新」という国はいかなる国であったのかと言いますと、漢王朝第11代皇帝の皇后の縁戚にあった王莽という人物によって作られた国なのです。
 その国家成立が凄まじいのです。
 
 漢王哀帝がなくなると、幼少であった平帝を擁立して実権をにぎり、その平帝を毒殺するというやり方です。
 つまり、中国史における最初の「簒奪」を行なった人物であるのです。

 「簒奪(さんだつ)」とは、本来その地位に就くべきでない人が、強権でもって、その地位を奪うことを言います。
 そして、たいていは、その末路は哀れなものとなります。
 日本でも、明智光秀がそうです。
 現代でも、あちらこちらにトップを追い落として、その地位についている人がいますね。

 簒奪の瞬間、劉邦が項羽を垓下の戦いで勝利して作った「漢」はこの世からなくなったのです。

 王莽は、とりわけ、漢王朝のあり方に反発をしていたわけではありません。
 つまり、主義主張があって、そして、理念や理想があって、これしかないという正義があっての行為ではなかったのです。
 ですから、その政治には画期的な革新性、前代を凌ぐ優れたシステム構築などはありませんでした。

 そのような政権が取る手段は、往々にして、過去の偉大な時代の遺産を継承することを表明するか、目の前に敵対する勢力を作り出し、不安を煽り続けるかのどちらかです。
 それは今の中国を見ていれば、わかることだと思います。

 そして、王莽がとったのは前者でした。
 そもそも、自分の利益のために国家を我がものとしたわけですから、その政策に新鮮味があるはずがありません。
 そこにあったのは、己を利するという一点であったと言えます。

 その象徴となるのが、貨幣の乱発です。
 なんと28回も乱発し、経済を混乱させ、身勝手な法令を出しては社会を不安に陥れました。
 そのため、各所で農民の反乱が発生、臣下の礼をとった実力者たちも離反していったのです。

 今、アメリカ社会の状況を見てみると、「新」の時代と似通っているものを、私は見て取ることができるのです。
 
 アメリカが抱える問題は一朝一夕で解決できるものではありません。
 それは多くの人種や民族を国内に抱えているからです。
 そして、それは問題を誘発するとともに、この国の発展の原動力でもあったのです。

 歴代の大統領は、その微妙な舵取りをすることで、アメリカの発展を損なうことのないように手腕を発揮して来たのです。

 しかし、トランプは異なります。

 出てくる問題に対して、火に油をそそぐ形で言辞を弄し、国民の対立を煽ってしまいました。そして、腹心の部下たちを時に解任し、また時に、自ら彼らは去って行ったのです。
 彼の周りに残るのは、親族だけです。
 それも、利益を第一にし、面の皮の厚いものたちだけです。

 王莽は、やがて、劉秀という漢王朝の血を引き、それが故に、多くの信頼を集めた男に追い詰められます。
 劉秀は王莽を長安に破り、15年前に断絶した「漢」王朝を復興させたのです。
 
 私たちは、即位して<光武帝>と名乗った劉秀の王朝を、劉邦の起こした「漢」と区別して、「後漢」とし、劉邦のそれを「前漢」としたのです。

 さて、トランプを王莽になぞらえれば、戦後70有余年の輝かしい「前美」のありようを引き継ぎ、「後美」を作るのは一体誰で、どんなアメリカを作るのか、興味は尽きません。 
 
 遅くとも、2年後、早ければ、来年にはそれが実現すると思っているのですが……。


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

あっ、裸の王様だぁ!

modiuhouwygeh,k
八月の長雨、陶板に描かれた紫陽花の絵がよく似合います。私が勤続10年のお祝いに、学校から贈られたものです。今も、私にはとてもうれしい贈り物で、玄関に飾ってあります。


 トランプがその放言で悶着を起こそうが起こすまいが実際のところ私には興味がないのです。

 SNSで発信される彼の言葉の薄っぺらさを見ると、この男がアメリカ大統領であることに対して、アメリカ国民に同情すら覚えるのです。

 君たちは、とんでもない大統領を選びましたね、あなた方は今こそ民主主義のシステムについて再考をすべきですよ、そして、世界の人たちがアメリカという国はすごい、行ってみたい、暮らしてみたいと再び思えるようになることを希望しています、と私は同情を込めて彼らに言うでしょう。

 先だっての、いわゆる白人至上主義者とそれに対立するグループとの間で衝突が起きた件でも、アメリカでは、大統領が人種差別に対して明確な姿勢を示さなかったとブーイングの嵐となりました。
 そして、トランプは彼らの意に従い、一つ一つ白人至上主義者のグループの名を挙げて批判をしたのです。
 でも、すぐに、そうは言っても、相手方にも暴力を振るった悪い奴がいると返して、いったん収まったかに見えたブーイングは、火に油をそそぐ形で燎原の火のごとく燃え広がっていったのです。

 でも、ここまでくると、トランプは自分の主張を貫き通すという点で評価されるものの、同時に、アメリカ大統領としてはその器ではないと批判されるべき存在であることが鮮明になったと言えます。

 そして、むしろ、私はそのニュースのもう一つの側面に注目するのです。

 トランプは、産業界と密接な連携を維持するために、政権内に二つの評議会を設けて、そこに産業界のリーダーを据えて、意見を聞くというスタイルを取りました。
 仮に、それが形だけのものであったとしても、功を遂げた人材に政権にものを言える機会を与えているということは民主主義のシステムとしては大切なことです。
 ちなみに、この形態はトランプが始めたものであり、歴代大統領にはなかったことです。

 その評議員たちが、今回のトランプの言動に対して、異を唱え、その職にあることを辞退したのです。
 
 性別・宗教・国籍、そして、人種は、アメリカ社会で企業が存続していく上で最重要とする性質のものです。いや企業ばかりではなく、アメリカ社会そのものが存続していくために必要なそれは要素でもあるのです。

 評議員となったアメリカ企業のトップたちにも、女性がいて、アフリカ系がいて、様々な宗教信仰者がいて、そして、彼らは移民の国ならではの多彩な文化背景を持っています。
 自分たちの素性をとやかく言われたり、まして、トランプが批判されると同じような立場にトップが与するということであれば、それは企業の存立基盤に危機をもたらすことになるのです。
 
 ですから、その任から身を引くことは最善の策であるのです。
 たとえ、トランプから攻撃を受けたとしても、彼の任期が過ぎれば、それはすむことです。
 しかし、人々から愛想をつかされたら、永遠に立ち直れなくなるのです。

 その彼らもまたSNSで意見を発信しました。

 <憎悪と不寛容は米国の裏切り者>
 <我々を分断させる者は孤立させよ>
 <世界には人種差別主義が存在する余地はない>
 <米国のリーダーは偏狭な至上主義の言動を明確に拒否し、米国の多様性を尊重すべきだ>
 <我々が支持するのは人を攻撃することではなく、平等と他人を尊重する米国の価値だ>

 これらの言葉こそは、アメリカがアメリカたるの考えであり、アメリカがすべての面で世界の頂点に立つことのできた原動力となっている考えなのです。

 そればかりではありません。
 グーグルは、ネオナチサイト「デイリー・ストーマーズ」のドメイン登録を拒否しました。
 決済会社ペイパルは、人種差別運動の資金調達に自社サービスを使えないようにしました。
 民泊のエアビーアンドビーは、白人至上主義者のデモに参加した顧客を締め出したのです。
 さらに、米軍幹部にもそれは波及し、彼らは自分たちの最高指揮官の言葉にもかかわらず、それに異を唱えたのです。

 まさに、裸の王様です。
 それはおとぎ話の世界ではなく、リアルタイムで、一枚一枚衣服を剥ぎ取られていく様を、今、私は見ているのです。

 こう見ていくと、アメリカはやはりアメリカであると思うようになります。
 つまり、先ほど羅列したトップたちの言葉にあるような考えがないと、そして、意見表明がないと、この国ではやっていけないし、成功もできないということなのです。

 そんな中、ツイッターが一つのトピックを発表しました。

 「肌の色や出自、信仰を理由に、生まれながらに他人を憎む人などいない」というネルソン・マンデラの言葉の引用したツイートが史上最多380万件オーバーの「いいね!」を集めたと。

 発信したのは、オバマです。

 彼は、トランプにより、彼の業績を丸裸にされつつありました。
 が、いや、そうではない、丸裸にされつつあるのは、トランプ自身であったのです。

 それにしても、人の放つ言葉というのは、いかなる兵器よりも甚大な被害をもたらし、同時に、多くの人に救いの手を差し伸べるものだということを、私は知るのです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

今一度、力を誇示してはいかがですか

flak.lekld:ap@a;
人間は思案をするごとに、物事を前へと進め、問題を解決してきました。思案は、いかなる思想よりも上にあるのです。その上にあるのが思案に基づく行動です。


 私のiPhoneに入っている無料アプリの一つに、<Flightradar>があります。

 つくば上空は、旅客機の飛行機ルートになっています。
 時間帯によっては、連続して、航空機が上空を通過していくのです。
 そこで、気になるのが、その飛行機の行き先です。

 そういう時、この<Flightradar>が活躍します。
 飛行機の音がしてくると、早速、iPhoneを取り出し、アプリを起動させます。
 すると、そこには、私のいる位置が青い丸印で示され、黄色の飛行機が移動しているのです。その黄色い飛行機をタップすると、便名はもちろん、離陸した飛行場から到着する飛行場、それに、飛行機の速度や高度までも示されるのです。
 しばし、私はiPhoneと上空を飛ぶ飛行機を見比べます。

 そして、なんとまぁ、素晴らしい世の中ではないかと感心するのです。

 先日、CNNのサイトを見ていましたら、妙な記事に出くわしました。
 『非武装のロシア軍機、米首都を飛行 国防総省などを「監視」』という表題がつけられていました。

 非武装とはいえ、アメリカにとって、ロシアはもっとも注意を払うべき国家にちがいないはずです。
 そのロシア軍機がよりによってワシントン上空を、それも、米連邦議会議事堂や国防総省、中央情報局(CIA)、アンドルーズ空軍基地上空を飛行したというのです。

 きっと、アメリカ空軍が緊急発進して、一触即発の危機に陥ったと思いきや、これは、アメリカとロシアが、お互いに上空を監視することを認めた<オープンスカイズ条約>に基づく、合法的な飛行であるというから、さらに驚きでありました。
 
 ロシアは、使用した機体はツポレフ154で、上空3700フィートを飛行し、ワシントン上空、キャンプディビット、トランプ所有のバージニア州にあるゴルフ場、そして、万が一の際、アメリカ政府が移転先にしているマウントウエザーにも飛行を行ったと明らかにしたのです。
 
 私は恥ずかしながら、CNNの記事を読むまで、<Open Skies Treaty>という条約があることを知りませんでした。
 
 この条約は、1955年、アイゼンハワーが核を持つアメリカとソ連が、相互に疑心暗鬼になって、思わぬ事態に至らないよう、非武装の航空機を使って、相手国の領域内の軍事活動、施設を監視しあい、軍事行動の透明性を高めよう、そして、相互の不信を取り除くことを目的に提唱したというものなのです。

 しかし、50年代は冷戦の時代です。
 そんな条約が結ばれるはずもありません。第一、理解されるはずがありません。

 ですから、両国とも、高高度を飛行する秘密偵察機を飛ばしたり、時代が進むと、宇宙空間から相手国の動向を探ったりして、警戒を強めていったのです。
 その間、撃墜事件があったり、本物の<スターウオーズ>が現実性を帯びるなど、その危機的状況に警鐘が鳴らされたことが記憶にあります。

 それを1989年にアメリカ大統領のブッシュが,この構想を米ソ2国間から多国間のものとして再提案したのです。
 そして翌年、カナダのオタワで北大西洋条約機構(NATO)とワルシャワ条約機構(WTO)の間で話し合いが持たれ、1992年、ヨーロッパ安全保障協力会議(CSCE)で、調印に至ったというものです。

 冷戦時代に、それを提唱するアメリカの大統領の見識も素晴らしければ、時代を経て、それを相対峙するヨーロッパの二大勢力が受け止めたことも素晴らしいことです。

 さて、素晴らしいと諸手を挙げて喜んでいるのではなく、アジアにおいても、それができないものか、そして、それを日本が提言できないものかと思案するのです。

 アメリカ海軍は航行の自由作戦を展開しますが、中国は領有権のある島々への挑発行為であると厳しく批判をします。
 また、一方、日本の領土である尖閣には、自国領土であると強弁し、定期的に公船を派遣してきます。
 まさに、政治的な矛盾そのものです。
 さらに、習近平は自国の領土領海は力づくでも守り抜くと解放軍相手に演説を行う始末です。
 韓国では、政権が変わるたびに日本に対する要求が突きつけられます。

 これらの国々は、国際法、国際常識はもちろん、慣例など守る気さえもありません。

 日本はアジアでいち早く近代化を成し遂げ、それゆえの行き過ぎた政策もありましたが、日本が行動することで、アジアの国々はその多くが独立をしたことも事実であります。
 そして、今、アジアでもっとも国際常識のある行動を取れるのは日本しかいないのです。

 <Open Skies Treaty>という条約は、困難な時代に提唱したからこそ、価値を持って、受け止められ、後任の大統領によって実現へと導かれたのです。

 ここは自分の領土と、部分的にラインを引いての自己主張とか、70年も前の出来事を蒸し返して、それを金科玉条のごとく喧伝していく、そんな了見の狭い考えではなく、オープンに物事を考えて、両手を広げていかないと、アジアはそれぞれの国の妄想と我欲で滅亡することになるのではないだろうかと心配するのです。

 そうならないためにも、日本が今一度、アジアに向かって、その正当な力を誇示する時ではないかと思うのです。


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

それは「杞憂」か、それとも「悪夢」か

mjkaujyg
木陰、素晴らしい言葉です。木陰と聞いただけで、涼しさを感じることができます。雨空の多い8月、それでも晴れた瞬間、木陰が8月の湿った空気に涼をもたらしてくれます。


 マクロ経済学の第一人者として知られている、ハーバード大学のケネス・ロゴフ教授が、世界は高額紙幣をなくさないといけないと主張しています。
 
 欧州中央銀行は、すでに、500ユーロ札、日本円で大体6万5千円程度ですが、その札の廃止を決めました。
 フランクフルトで仕事をした時、ユーロを手にしましたが、この500ユーロ札は手にしたことがありません。
 きっと、日常生活では大して流通してはいない札であったと思います。
 また、カナダ、スウェーデン、シンガポールなどの国も高額紙幣の廃止を決めたということですので、金の有る無しに関わらず、この動きには、関心を払わないといけないということです。

 インド独立70周年記念日の8月15日、首相のモディは「海でも、国境でも、宇宙でも、サイバー空間でも防衛は万全だ」と、中国を念頭に置いた演説をしましたが、私は、それよりも、昨年11月に実施した高額紙幣の廃止について言及した演説の最後の部分に注目をしたのです。

 「銀行システムに決して戻らなかった3兆ルピー(約5兆2千億円)が紙幣廃止で戻ってきた」
 と述べたのです。
 
 例えば、通貨流通量なる統計で見ていくと、私たち日本人は、一人77万円の現金を手元に持っている計算になるそうです。
 (どうやら、この統計には私ごときは入っていないようですが……)
 つまり、4人家族では300万円強の現金を、日本人は持っていることになります。

 そして、これらの現金が、世の中に出ることなく、しまわれて動かないというのです。
 ですから、経済に作用しない、作用しないから、現金は現金であって、それ以外の何物ではないということになるということです。 
 そして、その多くが高額紙幣であるのです。
 それでは、経済は停滞します。
 それを高額紙幣を廃止することで、モディは解決したと胸を張り、ロゴフ教授は高額紙幣をなくさないといけないと声をあげているのです。

 金はないとほざく私ですが、以前、財布をなくしたとき、私の財布には6万5千円ほどが入っていました。一万円札6枚に、五千円札1枚です。
 この安心、安全の国で、私の財布は未だに姿を見せていません。
 よって、それ以後、私は財布に大金を入れるのをやめています。
 (もっとも、大金などないのですから、見栄がそこに働いていることはお許しください。)
 
 現金がなくなれば、当然、それに代わるものが必要になります。

 オーストラリアに行った時、屋台でソフトクリームを買ったり、ホットドックを買ったりする時、その屋台がクレジットカードを受け付けていたことに驚いたものですが、その傾向は日本でも増えてきたことを新聞で知りました。

 屋台ばかりではありません。
 神社の拝観料も、屋形船の乗船代も、標高2千メートルの山小屋でも、今やカードが使えるようになっていると記事は伝えています。
 何万というお金を持って、山に登る必要もなくなります。
 お賽銭も、わざわざお金をくずしていく必要もなくなります。
 会社の帰りに、ちょっと一杯ひっかけていくのにも、懐具合と相談しなくて済みます。

 これを実現できたのは、お金を受け取る側の設備が簡便になり、ランニングコストが低くなったためであります。
 わずかな手数料でカード決済を受け付けられるわけですから、その方が便利であり、活用によっては、利益をあげることが可能になるのです。

 そのカード決済のもっとも進んだ国がお隣の中国です。
 大きな店に限らず、個人経営の小さな店でもカードが使え、カード社会だからこそ無人のコンビニも街には増えてきているということです。
 
 そんなことを綴っていたら、16日の日経朝刊のトップに掲載された記事に驚きました。
 『アリババ、スマホ決済上陸 中国発、使いやすさ強み 日本人向け、5万店で』
 UCでも、VISAでもない、中国10億人が使用する<アリペイ>と<微信支付>が日本に入ってくるというのです。

 お前さんのカード、龍のマークがあってカッコいいじゃないか、どこのだいと問えば、これかい、これはね、アリババだよという時代がくるのです。
 
 でも、心配はないのかねとさらに尋ねると、そりゃあるさ、きっと、日本人の個人情報、例えば、何を買っただとか、そこから何に興味を持っているとか、そういったビックデータはすべて中国政府の関係部門に流されているというから、おいらの情報は中国に筒抜けさ。

 なんでも、中国の企業の多くが、今、定款に共産党の指導に従うという変更をしているというし、この中国カードの日本進出は、もしかしたら、「お金」で日本人の心を変え、日本を支配するあの政府一流の手じゃないかと思っているんだ。
 そういって笑うのです。

 私は今、私の卒業した大学のカードを使って、公共料金や日々の消費に使っています。 
 そこで発生したポイントや、いくばくかの手数料が大学に寄付されるのです。
 ささやかな母校愛を示しているということです。
 
 でも、近い将来、中国のカードが幅を利かすようになったら、どうなるのでしょうか。

 一万円札に代わり、100元札が幅を利かす日本社会になるのではないかと心配をするのですが、これは「杞憂」なのでしょうか。
 それとも、ありうべき「悪夢」なのでしょうか。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

プロフィール

nkgwhiro

Author:nkgwhiro
ご訪問
ありがとうございます。

《8/22  Tuesday》

❣️<Puboo!>にて、『神様のおかげ』を発信しました。ぜひ、お読みください。

❣️<Facebook>で、『The silhouette:The person who sits down in a seashore bench
It's covered with a green tree and give the shade of a tree to two people. Many waves are surging over the beach.A vast sea and the sky spread over it.
人影 : 卸下腰到海岸的长凳的人。绿的树木落到身上,将树阴给予二人。向海滨的对面几个也波浪涌来。并且,到那个对面汪洋大海和天空扩展着。』の絵を公開しました。

❣️<Twitter>では、毎日の朝と晩『つくばの街であれこれ』の更新情報をつぶやいています。


⏬下の[リンク]欄から、歴史小説『一門』『福明と李福』、旅行記『ポーツマスの旅』、また、<水彩画>など、<nkgwhiro>の創作活動にアクセスができます。  

皆様のアクセスを心よりお待ちしております。🙋‍♂️

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア