いっぱいのことを教わっています

legoelephantidakda icjldksmxm
この象は、基本のレゴに加えて、もう一箱の増設のレゴを使って作ります。高さは30センチ程度、長さは40センチくらいになる大型のロボットです。前進と後進、鼻を巻き上げてパオーンと泣き声をあげ、その鼻を使って、物を掴み、そして、置きます。自分でさらに、どのような動きをさせるかは、プログラミングで自由にできます。私は、まだそこまでできませんが……。


 その日の朝、彼は、一階の私の寝室に顔を見せました。
 いつものように、私は着替えを終え、二階にあるキッチンに行くところでした。
 彼は、私の顔を見上げて、私の歩き出すのを待って、嬉しそうに声をあげて、階段を登って行くのですが、この日はそうでありませんでした。

 彼は、必死の形相で、一声あげて、私を待たずに、一挙に階段を登って行ったのです。

 何だろう、いつもと違うと思ったものの、私は毎日するように、階段の途中にあるガラス窓を少し開けて、二階に行きました。
 応接間を抜けて、キッチンに入って、私が見たものは、彼の横たわっている姿でした。
 すでに、彼の息は止まっていました。

 あの必死の一声は、彼の別れの挨拶だったんだと、私はその時初めて気がついたのです。
 
 彼とは、我が家に共に暮らしていたオスのシェルティです。
 取手の学校から土浦の学校に移るゴタゴタした中、横須賀の知人から貰い受けた犬です。
 知人は、人間に邪険にされた犬を保護し、里親を見つけるということをボランティアでしていたのです。
 精神的にちょっと苦しかった私は、横須賀まで出向き、ラッキーと名付けるこのシェルティと出会います。
 
 つくばについたその日、ラッキーは家出をします。
 ただ、首輪に住所と電話番号を書いておいたので、翌日、2キロほど離れた農家から連絡があり、ラッキーを引き取りに行きました。
 その後も、ラッキーは住まいとした一階の部屋の壁を体当たりで破り、順調に花々が育っていたウッドデッキ上のプランターをひっくり返し、散歩に行っては、私の言うことを聞かないという暴れっぷりを見せました。

 壊れた壁を修理する姿を見せ、プランターを整える姿を見せ、散歩では右につけて一歩でも私より先に行けば叱り、守ればご褒美をあげました。

 胃が弱いのか、下痢をよくしました。
 そういう時は、腹をさすってやりました。
 犬は、痛くても何も言わないのです。

 ラッキーが来る前に、私の家には、アンというシェルティがいました。
 二人の娘がまだ小学生の時です。
 その娘たちにゆくゆくは出産というものを見せようと思って、ペットショップで購入してきた犬です。
 一年後、アンは、玄関で、4匹の子犬を出産しました。
 そして、足の悪いケーシーだけが我が家に残り、2匹の母子犬は、我が家の一員として、十数年を共に生きることになったのです。
 
 アンよりケーシーの方が先に逝くことになりました。
 ケーシーはシェルティにしては体が大柄で、事情を知らない人はコリーだと思うくらいでした。私と一緒に散歩に行くことが多く、アンよりは厳しく育てられたと思います。
 ですから、ケーシーは私が怖く、いつも、私の前では、「恐縮」する姿勢を取っていました。
 反対に、アンは、私が怒ろうが、何をしようが一向に構いません。
 時には、ケーシーを誘って、別の部屋に行ってしまうのです。
 それも、私の方を一瞥してです。

 そのケーシーの体が弱ってきました。
 獣医さんは、手の施しようがないと言いました。かなり、重篤な病を患っていたようです。
 ですから、ご家族で、一緒に、時間を過ごしてやってくださいと言われ、家に戻ってきたのです。 
 その夜、私は、今までしなかったことをケーシにしました。
 一枚の犬用のせんべいをケーシーにあげたのです。
 ケーシーはそれを口にしました。でも、もう一枚欲しいというそぶりはしませんでした。
 そして、朝方、アンが冷たくなったケーシーの口元を舐めている姿を見たのです。
 
 アンはその後一年、足を引きづり、目元はたるみ、まゆは白くなり、スーと息を引き取ったのです。

 そんなことがあったから、もう犬を飼うことなどやめようと思っていたのですが、学校を移るという心労から、私は横須賀にラッキーを求めたのです。
 
 私の、このつくばの家で、三匹の犬が、大して苦しむそぶりも見せずに息を引き取りました。

 私も、二階の日当たりのいい部屋で、ロッキングチェアに揺られながら死にたいと思っています。苦しむこともなく息をそっとしまいたいと……。

 それでも懲りずに、今、私の家には、キャラという名のコーギー犬が一匹います。
 7歳になりました。
 シニアの餌を与える時期になりました。

 私がロッキングチェアで息を閉じる前に、コーギーのキャラの末期の水を取らなくてはと思っているのです。

 実は、アンはアデレイドに暮らす知人の娘の名からとりました。
 ケーシーは、その知人が飼っていた犬の名前。
 そして、キャラは、娘たちととても仲の良かったイタリア系オーストラリア人教師の娘の名前です。
 ラッキーだけは、学校を移っても、私に幸運が続くようにと名をつけました。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

農耕民族の血がたぎる瞬間

ralklkasqzaijd
これは近くの畑で収穫を待つ落花生です。掘り返され、天日を浴びて、かれこれ一週間になります。一ヶ月ほどこうして放置され、カラカラになって、出荷されていくのです。そして、我が家でも……


 ぽかぽかと暖かい初秋の午後、散歩を兼ねて、近くのホームセンターの園芸コーナーに足を運びました。
 恒例となっている、我が家の門の前を彩る秋冬用の花木を購入するためです。

 今回は、「もみじ葉ゼラニウム」「姫小菊」、それに、寄せ植え飾りとして葉物の「グレコマ・バリエガーダ」という舌を噛みそうな名を持つ薄緑の葉っぱです。秋に花が終わっても、冬に緑をたたえてくれればと思っているのです。

 私は、美しい花はもとより好きなのですが、それより、食べられる植物、効用がある植物の方が好きなのです。

 ですから、二階のバルコニーには、これも二階にある台所から、すぐに手が届くところに、バジル・イタリアンパセリ、そして、普通のパセリの鉢を置いておいて、毎夕の食事に供しているのです。
 肉料理に使うローズマリーは地植えですが、これもチキンソテーにちょっと添えるだけで趣が変化するのです。
 植物の効用とは、人類が長い年月を通して、得てきたものだけに素晴らしいものだと今更のように思います。

 食べるわけではないですが、我が家には、4種ほどのラベンダーも、小さい庭に植えてあります。
 
 この香りは、なんと言いますか、人間の精神に、じわっとしみこんでくるんです。
 先だっても、夏に伸び放題になったラベンダーを無造作にカットしました。
 ハーブはもともと雑草ですから、いい加減にカットしても、ちゃんとまた伸びてくるので、嬉しいです。

 さて、カットしていると、なんとも言えない、清涼で、鼻の奥をくすぐる、つまり、深呼吸をしたくなる香りに辺りが満たされ、西日を受けて、うっとおしかった庭仕事が楽しくなってくるのです。

 これらの植物は、きっと「何か偉大なるもの」が、人類に発見されるように、この地上に置かれたのだと考えても、不思議ではないと思っているのです。

 口にするものでは、何と言ってもバジルです。
 かの「偉大なるもの」が、私たちに与えてくれた最高のものというイメージを感じるのです。

 もちろん、毎年夏に育てて、収穫しているトマトとの相性は抜群です。
 しかし、トマトの収穫以上に、美味しいバジルの葉はどんどん増えていきます。
 それを一枚一枚とり、両の手のひらで抱えるほどまで収穫し、オリーブオイルと松の実とガーリックで混ぜ合わせます。

 この自家製のソースの美味しいことといったらありません。
 パスタに混ぜたり、トーストに塗ったりと、年末頃まで、舌を楽しませてくれるのです。

 私の母が作ってくる保存食もあります。
 唐辛子と秘伝の合わせ味噌で作る、とても辛い「唐辛子味噌」です。これがあれば、それだけでご飯を美味しくいただけるのです。

 古今東西を分けず、人間は大地の恵みを嗅ぎ分け、それを活用してきたのだなと思います。

 さて、秋といえば、これは欠かせないというものがあります。
 松茸ですって、いや、違います。
 くり、銀杏……、いや、それも違います。

 それは、庭の外、隣の空き地に、毎年秋に穂を結ぶものです。
 紫蘇なのです。

 もちろん、葉も薬味に用いたりしますが、秋に出てくる「穂」の天ぷらが最高なんです。
 穂の根っこの部分を手に摘んで、前歯で梳くようにして、口の中に押し込むのです。薄い衣と上質の油と紫蘇の実の食感と香ばしさが、口の中で、「秋だぞ」と教えてくれるのです。

 そして、今年は、特筆すべき出来事がありました。

 春先、春夏の門の前の植物を見定めに、園芸コーナーに立ち寄った時のことです。
 そこに「落花生」の苗が売っていたのです。
 係りの人に、ポットでもできるのかしらと聞くと、できないことはないと思いますというので、それなら、試しにと4株ほど購入したのです。

 植えつけて、ことあるごとに、そのポットを見ますが、花らしきものが咲いた気配がありません。
 その名の通り、花が地面に落ちて、それが実になるのだから、やはり、ダメだったと妙に諦めがよく、キリのいい時に処分しようと思っていたのです。
 
 そして、秋冬用の花々を植えたその手で、落花生の株を抜き取りました。

 おや!

 根っこのところに、あの落花生がいくつもいくつも付いているではないですか。
 中には虫が食ってしまったものもありましたが、それでも、そこそこの数、落花生が収穫できたのです
 しばらく、天日に干して、さて、どうやって食するのか、また、研究しなくてはなりません。

 こうして、我が家の夏から秋にかけてのすべての収穫が終わったのです。
 これからは、農耕民族らしく、冬支度の始まりです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

「庭」考

flower405
青い花はどこか幻想的です。滅多に見ることができないからでしょうか。はっとする美しさがあります。


 春です。庭仕事の季節です。たいした庭ではないですが、気分の良い庭作り・畑つくりは、これからの蒸し暑い季節を乗り切る最上の策となります。

 教師をしている時分、学校やクラスにもなれた生徒たちが少しはめをはずし、問題行動を起こすのが5月の連休明けごろでした。教師たちも家族サービスの疲れがあり、目配り気配りが効かない時です。判で押したように問題行動が報告されます。初期対応がきちんとできればいいのですが、そうでないケースもまま出てきます。そうした問題で頭を悩ます時に、小さい庭が美しく整っていることが大切だったのです。

 草が無造作に生えていたり、草花に虫が付いていたりでは、さらに頭が悩まされますからね。

 日本人に限らず、イギリス人も、中国人も庭というものを大切にしました。
 つまり、内外の問題を抱えた人たちが、庭を通して、解決のための新たなアイデアを出したり、時には、何もかも忘れるために庭を作ったではないかと考える時があります。

 日本や中国では、己れを隠すための庭。
 つまり、自分がどこにいるのかをわからないようにする。
 言葉をさらに変えれば、自然の中に自分を溶け込ませ、一時の忘却を得るための庭であると私は思うのです。兼六園や後楽園、拙政園を見て思いました。

 イギリスでは、幾何学的に樹木を配置します。さらに、樹木から自然の姿を取り除きます。つまり、切り揃えるのです。時に、円形に、時に円錐形にします。
 この庭の形では、自分がそこに入るのではなく、高所もしくは離れた場所から、庭を見るのが一番良い形になります。
 要するに、庭を遠くに、その全貌を眺めることで満足を得るのです。西洋のそれは圧倒的な支配力を意味します。

 歴史小説では、主人公が行う合戦や政治的なやり取りを書くときが、読むときと同じように面白いのですが、城を作るための段取りや川や山の地形をいかに取り込むかなどあまり面白くないことも大切であると思うのです。
 そのために、地形や植物、河川の流れ、気候、海では潮汐にも通じている必要があります。ちょうど、その時代を生きる人々のようにです。

 さて、雑草を取り、夏野菜を植え、ウッドデッキに日陰を作り、来るべき問題発生に備えなくてはなりません。

 もちろん、生徒や教師が起こす問題ではなく、暑い季節に己れが倦まないためです。
 今、問題は我が内にあるのです。

イギリスには手に触れただけでしびれる草があったと、ふと思い出した。

sakanoki
冬の山の光景も風情がある。春のエネルギーがそこここに蓄えられている。


 自宅の周りでハーブを育てている。
 何の手間も要らないからハーブは好きだ。それに食べても美味しい、香りもいい。
 日本産のハーブでは、シソが一番好きだ。
 放っておいても、毎年、必ず芽を出し、香り豊かな葉と実を提供してくれる。刺身など、この葉がないとおいしくない。実は天ぷらがいい。秋の代表的な味覚だ。

 ところが、イギリスでの体験。
  手痛い目に遭ってしまった。
 それはオックスフォードのセント・キャサリンカレッジでの出来事であった。
  裏庭には、ちょっと厄介な草が生えているから、それには触れないようにしてと。
 カレッジの担当者から言われていたにも関わらず、自然と手を出してしまったのである。

 それはシソの葉に似ている。だから、日本人である私は、つい、手を伸ばしてしまった。
 仕方のないことだと開き直っても後の祭りである。

 手に触れた瞬間、電気が走る感覚、次に、無数の針で刺されたような感覚。
 私の場合は、その感覚が三日ほども続いた。
 それは「ブレネッセル」という草であった。

 葉の裏に無数のトゲがある。そのトゲが刺さるのではない。
 その先から、人に悪さをする毒素を発散するのだ。

 調べてみると、このブレネッセル、茶やピューレとして、ヨーロッパでは食用にもなるというから驚きである。そして、日本でも関東以南に「イラクサ」という名で同種が自生しているというから、これも驚きである。

 「イラクサ」を漢字で書くと。『蕁麻』となる。
 どこかで見た漢字だと思案する。
   そうだと手を打つ。『ジンマシン』だ。これは『蕁麻疹』と書く。

 寒い午後、蝋梅の真っ最中りの今、馥郁たる香りの中、バラの剪定を行い、来たるべき春に備えなくてはと思うのである。


我が家はツリーハウス

あきの陽


 そう思う時がある。
 二階に玄関があり,二階に書斎とキッチンがあり,よって,必然的に二階が生活の場となる。
 朝一番に,二階のデッキに出る。朝ごはんを食べ,新聞を読む場所だ。滝の音があり,鳥たちのさえずりがあり,日差しがあり,街を走る人の姿があり,時折,散歩中のご近所と話をしたりする。
 この日は,太陽の光がいっぱいに差し込み,暑いくらいである。
 朝一番の仕事は,この秋,蜘蛛の巣取りとなっている。
 秋って,こんなに蜘蛛の巣が多かったかしらと訝る。これまで,秋の朝の時間をここで費やすことはなかったから,そう思うのかもしれない。道向こうの林の中にも,大小様々の蜘蛛の巣が陽光を受けて輝いている。

 ツリーハウスというと,秘密基地めくイメージがある。
 それは自然と一体となり,空気に溶け込むように思うからである。子供ながらに,世俗との交流を遮断し,自然の中にあるというイメージである。
 そういえば,デッキに面した部屋は山小屋のような作りになっている。
 山小屋も,世俗を離れて,別天地をイメージさせる。
 
 先日,霞ヶ浦を一望できる筑波山中の展望台に行ってきた。
 数人の若者が,パラセーリングを楽しんでいた。ふわっと風に乗って,地上に舞い降りていく。一時の夢ごごちの世界だ。

 人間の生活には,このように世俗としきりとつける一時が必要なのだ。
 それは人間が持つべき至高の贅沢である。

プロフィール

nkgwhiro

Author:nkgwhiro
ご訪問
ありがとうございます。

《5/25 Thursday》
       
❣️<Puboo!>にて、『千年の哲学ー女は賢くなり、男たちはただ老け込むだけだった』を発信しました。ぜひ、お読みください。

❣️<Paper in NY>で、『Hot night. People relax at a beach. And they buy food fried chicken. 热的夜晚。 人们,在海滨放松。并且,他们买干炸鸡。』を公開しました。


⏬下の[リンク]欄から、歴史小説『一門』『福明と李福』、旅行記『ポーツマスへの旅』、また、<水彩画>など、<nkgwhiro>の創作活動にアクセスができます。  

皆様のアクセスを心よりお待ちしております。🙋‍♂️

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア