優れた経営者と教育

wadamlsdjnmlaoskdl,smcahwej
子供の笑いほど無垢なものはありません。そこには、純粋に、楽しい、面白い、愉快だ、軽快だ、幸せだという気持ちがにじみ出るからです。お追従も、気配りも、魂胆もない笑いを大人も取り戻さなくてはなりません。


 ちょっと昔のことなので、今、あるのかどうかはわかりませんが、首都高速に乗って、竹橋から、一の橋、そして、品川方面へと抜けていく際、実際のヨットを使った看板がありました。
 なんでも、創業者の二代目を教育する経営者の学校というようなものだったと思います。

 父親が起業し、息子がその後釜に座る。
 しかし、甘く育てられたお坊ちゃんでは、先行きが心配、そこで、このような学校ができたんだと考えています。それにしても、ヨットが看板では、甘く育てられたお坊ちゃんが、本当にしっかり育つのかと不安視したことも覚えています。
 もっとも、最近の二世たちは、存外しっかりと父の業績を受けて努力しているのではないかと、あの会社、この会社を見て思っていますから、きっと、ヨットの看板の二世教育事業はもうなくなっているのかもしれません。

 専門家によると、経営者に求められる力とは、グローバル化の中での英語力、長期的な視点での経営判断力、そして、ビジネスシーンでの即断即決できる精神力であるということのようです。

 第一線で活躍する社長の英語力は、業績に大きく影響するというのは間違いではありません。
 英語が堪能であることは、グローバル社会での人間関係の構築、商売の駆け引きにおいて必要不可欠な要素であることは確かなことです。
 そこに、通訳が入るのでは、次に示された二点の「経営判断」「即断即決」に陰りが出てしまいます。

 長期的な視点での経営判断というのは、在任期間を超越して、100年の経営方針を打ち立てる意欲を言います。すでに、創業者がそれをなしていれば、その方針に沿って、経営基盤を盤石にする方策を打ち出すことなのです。
 つまり、トップにあるものは、ワンジェネレーション先の在りようを見据えよということです。

 ビジネスシーンでの即断即決というのは、これは日本の企業で、よく見られる「会社に持ち帰って検討」という判断保留のあり方ではダメだということです。
 つまり、それでは、スピード感に欠け、同時に、信頼感を失うのが今のビジネスシーンであるということです。

 すなわち、現代の経営者というのは、その場で、与えられた条件や情報を判断分析し、それが自社にどのくらい有益性を持って働くのかを即座に見極めなければならないのです。
 その結果、この話は受けることができないと伝えたとしても、なら、この条件ならと相手もまた折衷案を提示してくる可能性もあります。その場で折衷案がでなくても、この人は仕事ができるということが念頭に残り、次の素晴らしい仕事の芽がそこに生じるものです。
 こうしたことが、いわゆる国際ビジネスというものです。
 
 一部署の課長なり係長なりに、最高判断ができないのことは、誰もが承知しています。
 その課長が、はいわかりました、やりましょうと言ったとしても、相手は安心ができないでしょう。口先だけで、ある程度話が進んだら、その話はなかったことでは損失が出てしまいます。

 ですから、課長クラスには課長なりの判断、決断があるのです。
 例えば、提案を把握し、それへの前向きな意見を述べ、しかるべき日に上司とともに再訪し、話を進めたいといえば、それはそれで素晴らしい決断なのです。

 しかし、経営者になると、そうはいきません。
 その場で決断ができなければ、いけないのです。担当者ともよく話をさせてもらって、後日おしらせしますでは、その会社にもう二度と仕事は回ってきません。
 この話は、今回、我が社ではお引き受けできないときっぱりと断るか、反対に、力強い握手をしてプランを現実化していくかのどちらかなのです。

 日本に限らず、世界のトップに君臨する経営者は、常日頃、その判断を求められ、決断をしているのだと思います。
 
 せんだって、珍しく、つくばセンター近くの公園を犬を連れて散歩をしました。
 一人の外国人青年が、木陰のベンチに腰掛けて、盛んにパソコンのキーボードを叩いています。
 年頃からすると、院生か、もしくは、近隣にある研究所に勤務する青年のようです。

 この日に限って、iPhoneを忘れてしまい、時刻を知りたかった私は、その彼に時刻を尋ねました。拙い英語で問うたのですが、返ってきた言葉は流暢な日本語でした。

 この昼間に、パソコンの画面が見えにくくないですか、ずいぶん夢中になってパソコンに向かっていますね、小説でも書いているんですかと、見も知らぬ方に、普段はあまり言葉をかけることをしない私ですが、その青年の一生懸命さに心打たれて、声をかけてしまったのです。

 その青年、私の問いかけに嫌な顔一つせず、自分は起業のためのプランを作っているというのです。日本で起業し、成功するのだと言っていました。この人は、アイルランドから来た青年でした。母国では立ちいかないので、世界最先端の国である日本で成功をしたいと活動をしているというのです。

 いやはや、立派というほかありません。
 大手の会社に入って、豊かな生活をしたいというのではなく、自分で会社を作って、苦労を覚悟で成功したいというのですから。

 経営者を育てる教育というのは、それ以前に、その人の中にある意欲、あるいは壮大な夢があって、初めて花開くものであると、その時私は痛感したのです。
 ですから、優れた経営者というのは、教育で作り出すものではなく、その人の中にある何か偉大な思いがあって生まれるものであると実感した次第なのです。


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nkgwhiro

Author:nkgwhiro
ご訪問
ありがとうございます。

《6/28  Wednesday》

❣️<Puboo!>にて、『あけゆく空のごとく』を発信しました。ぜひ、お読みください。

❣️<Paper in NY>で、『For the first time, I was facedown in the beach a wave brings near. Very comfortable.第一次,我变成了为波浪涌来的海滨为卧姿。非常心情舒畅』を公開しました。


⏬下の[リンク]欄から、歴史小説『一門』『福明と李福』、旅行記『ポーツマスへの旅』、また、<水彩画>など、<nkgwhiro>の創作活動にアクセスができます。  

皆様のアクセスを心よりお待ちしております。🙋‍♂️

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア