πを切り捨てる生き方があってもいい

4349amaewae2
早朝、洞峰公園という大きな公園に行った時のことです。ランニングロードを覆うようにある並木の向こうに、野球場の芝が陽の光を浴びて輝いていました。とても清々しい気持ちになりました。


 メジャーでもサッカーでも、ビデオ判定が今や常識となっています。

 選手からすれば、誤審により、スポーツ選手としての生命線が断たれることもあるわけですから、ビデオ判定で白黒をはっきりさせることは極めて大切なことで、そういう意味では、この新しい技術は有効性を持っていると言えます。

 しかし、試合の流れが止まるとか、それなりの訓練を積んだ審判に判定を委ね、それがたとえ誤審であろうが、人間のすることなんだから、それも試合のうちだとする考えもあり、ビデオ判定でそれを覆すというのはいかがなものかという意見もあるのは、これも当然のことです。

 そんなことを考えていると、科学技術の発達で、究極まで、白黒の判定を推し進めていった先には、いったい何があるのだろうかと思うことがしばしばあるのです。

 きっと、私たちの仕事も、コンマいくつまでを求められ、息苦しいことこの上ない状況になるのではないかと気が重くなるのです。
 だからと言って、スピードを競うスポーツで、いい加減で良いというのではもちろんありません。技術がコンマいくつまで判定可能なら、それはその競技にいかさなくてはなりません。

 陸上100mで、9秒台をコンマいくつで判定し、人間の走る力の限界を見極めること。
 競馬では、写真判定で、鼻先の差だとか、鼻の先の毛一本で勝敗が決することも。
 
 スポーツばかりではありません。
 
 あのサイコロのようなリュウグウと名付けられた星に、これから着陸して、その表面を探査するという探査機「はやぶさ2」にあっては、大雑把な計算では到底着陸して探査することは不可能です。
 そこには緻密な計算があって、はじめて、探査が可能なのです。

 そうではなくて、私たちが日々暮らすこの世界で、コンマいくつの計算が必要か、そして、その先に何があるのかという思いなのです。

 いつだったか、マスコミが円周率が「3.14」から「3」になると囃し立てた時がありました。
 そう囃し立てられて、私自身大雑把なのに、そりゃ困るなどと勝手に思っていたものでした。
 さて、いったい、何が困るのかと自問して行くと、うん?と頭を傾げて、自分がマスコミの報道に動かされていることに気がつく始末なのです。

 寺社などに行って、そこにある大太鼓の大きさを問いますと、大抵は、一番太いところで何メートルですと言われることが多いようです。
 あまり、太鼓の皮面からもう一方の皮面までの長さを言って、その大きさを表現することはありません。
 時には直径はいくついくつですと言って来ることもありますが、太鼓の大きさをなんと言っても、その太さにありますから、きっと、一番太い所の、いうならば幹回りを答えるのです。

 幹回り9メートルの大太鼓であれば、それを3で割って、直径は3メートルぐらいだとわかればそれでいい、くらいなものなのです。
 いちいち、3.14で割る人なんていないはずです。
 
 私たちは、実に大雑把に、3.14、すなわちπを端折り、しかし、それでもなんら支障なく生活をしていけるのです。

 はやぶさがリュウグウに着陸したり、コンマいくつで勝負を決したりするのと違って、私たちの日常は、結構、大雑把なものだということです。

 いや、結構厄介なことも、会社で発生する面倒臭い事情でも、それゆえにこそ、私たちは端折ることでそれを切り抜けていることが多々あるものです。
 あれこれと細かいことを言ったらきりがなくなる、だったら、ある程度のところで妥協して、話をまとめようというのです。
 それも、それと分からぬように、あれこれと御託を並べて、そうしているのです。

 でも、これって、大切なことだと思うのです。
 
 ですから、人間である審判が、プレーの最中に、愛すべき彼女との別れ話で虚ろであっても、それはそれで人間的と言えるわけです。
 そんなあやふやな人間に、判断を委ね、ゲームをして行くという、人間が編み出した審判という制度は、完璧ではなくても、黒白をつけるには最も納得のいく方式であると思っているのです。

 それをわかっていれば、きっと、無理難題を押し付けてきたり、独りよがりの主張を声高に言ったりする、あちらこちらに生息するモンスターもいなくなると思っているのです。





自分らしさランキング

天気予報が怖い!

43q84jdlasfh43
つくばの北部には芝畑が一面に広がる場所があります。その畑の中の道を走っていると、まるで、イギリスの田舎の緩い起伏の道を走っているような錯覚に陥ります。その芝畑の中に、地蔵さんが立っていました。あぁ、ここは日本なんだと、当たり前のように現実に引き戻されるのです。



 暑い、暑いと、言ったって、涼しくなるわけではないのに、暑い、暑いと言ってしまいます。
 
 夏なのだから、暑いのは当たり前と開き直っても、涼しくなるわけではありません。
 挙句に、「暑い」という字があるから、涼しくならないんだと、それを封印しても、結局、暑さは一向に変わらないのです。

 でも、夏が過ぎれば、やがて来るのは秋。
 そう思えば、幾分、心も落ち着くのです。

 日本人というのは実に偉いと思います。

 だって、四つの季節だけではなく、それを各季節六分割して、全部で二十四に分けて、「節気」と名付けているのですから。

 この節気、もともとは、農業と大いに関係しています。
 立春を基準にして、八十八日目は、「八十八夜の別れ霜」として、これ以後は、霜の降りることもなくなるから、そろそろ、畑に種を蒔いたらいいとし、さらに、二百十日目は、台風への注意を喚起しているのです。
 実った稲穂が台風でやられないようにと気張れと言っているのです。

 だから、これは生活に根ざした「知恵」の「実践」であると私は思っているのです。

 同時に、季節を細分化して、あとちょっと我慢すれば、この極端な暑さも、厳しい寒さも乗り切れるんだという、これは農業民としての日本人の「知恵」だと感じているのです。
 
 先人たちは、一節気をさらに分割して、微妙な気候の変化を表現してきました。
 それが「七十二候」というものです。
 この暑さも、あと五日ほどで、異なった気候になるんだから、我慢をしなくてはいけないと、そんな思いが伝わって来るのです。

 今頃で言えば、「温風至」が終わり、「蓮始開」なる頃合いです。

 「温風」というのは、<あつかぜ>と読みます。
 湿った海の空気が、山を越えて、乾いた空気になり、それが温かい風になって吹き下ろして来る風のことです。
 その風が吹く頃、池の蓮は、蕾をほどき、清楚な花を咲かせます。
 水底から茎を伸ばし、水面に緑鮮やかな葉を浮かべ、その花は、咲いてから四日目には散るのです。
 
 その温風と蓮花の候、揚羽蝶が飛び交います。
 我が宅のウッドデッキにも飛んできます。
 その蝶は、昨年、飛んでいた揚羽蝶のきっと子供に違いありません。
 我が宅のウッドデッキは、「蝶の道」筋に当たっているのです。だから、毎年、この時候になると、彼らは父揚羽や母揚羽の通った道を飛ぶのです。

 うなぎもこの時候によく食されます。
 万葉の時代からの、日本人の「知恵」がこの魚を食べることで健康を維持することを教えてくれているのです。

 痩す痩すも 生けらばあらむを はたやはた 鰻を漁ると 川に流るな
 (夏痩せしても生きていられればいいだから、万が一、うなぎを取りにいって流されなさんな)

 万葉集にある大伴家持の歌です。
 きっと、夏の暑い日、うなぎを取りに行って、川で溺れるなんて事故が、奈良の都でもあったのでしょう。

 さて、まもなく「大暑」となります。
 一年で最も暑い時節です。

 その次は、「立秋」ですよ。
 秋立つ時候です。

 気象庁が特別会見をして、すこぶる暑い日が続く、不要不急の外出は控えよと、半分脅しのような言葉を連ねて、警戒を呼びかけます。
 気持ちはわかるのですが、どうも、無粋に感じてならないのです。

 昔の人は、季節折々を心配しつつも、ちょっと先の展望を示しています。

 正確な気象情報は私たちの生活にとってとても大切なものとなっています。だって、明日、釣りに行けるか、沖に船を出せるか、とても大切なことだからです。
 同時に、今の荒天は明日には、あるいは、二十五時間後には転じて、天気は回復するなどと心をほっとさせる予報があれば、人の心も、いくぶん、余裕を持てると思っているのです。
 
 それこそ風情というものではないかと。





自分らしさランキング

膝を床に着いて対する


曇りの日の早朝、ロケットの屹立する公園。池に陽の光が反射しています。


 あれは政権交代がなされた時のことでした。

 時の首相が避難所に赴き、早々に立ち去ろうとするその後ろ姿に、もう帰ってしまうんですか、私たちには声をかけてくれないんですかと被災者が大きな声で呼びかけました。
 記録をもとにして、綴ってはいないので、詳細にこのように発言したかどうかはうろ覚えなのですが、その声を聞いた首相が戻り、その方の話を聞いたということがありました。

 国家のトップに立つということは、視察も、それも、災難に遭っている方への視察というのは難しいものだと思った記憶があるのです。

 先日も、今の首相がヘリの中から被災地を視察している写真に対して、スコップで泥をすくえとネットで書き込んでいる人がいました。
 そう思う以上、きっと、その方は、ひたいに汗して、被災地で苦労をしているに違いないと思ったのですが、よくよく考えてみると、そのような人がこの手のツイートをするわけはないと思ったのです。
 生きるために、周辺の人たちと頑張っているに違いない、そんなツイートする暇などないと。

 世の中には、でも、そうした人たちがいるんです。

 火事場泥棒ではないですが、皆が苦しんでいるときに、空き巣をしたりするとんでもない人たちがいるんです。

 日本人は確かにもの欲しさにトラックに群がったり、人の分も自分のだと強引に受け取ったりしません。交通手段がなければ、やむなく、歩きます。
 大方は、そのような人たちですが、中には、面白おかしく野次を飛ばす人もいるのです。

 私は、そんなことを思いながら、そのツイートを書いた人の心にあるさもしさを感じたのです。

 呼び止められた首相も、ヘリの上から被災状況を視察した首相も、私は被災した人とはまた異なった思いで、懸命だったはずだと思っているのです。
 どうしたら命を救えるのか、緊急物資をいかに効率的に届けることができるのか、現場でなされている対応にどのようなサジェスチョンを与えることができるのか、または、しないのか、そういったことが頭の中を巡っていたことと思うのです。

 環球時報がこのような記事を出していました。

  「在避难所双膝跪地慰问灾民」

 おおよそ誰でも読み取れる一文であると思います。
 両方の膝をつけて、被害にあった方を慰問するというのです。
 何気ない記事ですが、あえて、中国の新聞が「双膝跪」と表記したのは、それが中国ではあまり見かけない慰問の仕方だからだと思ったのです。

 四川で地震があった時、中国首相が慰問を行いました。
 あの時、中国首相は膝を地につくようなことはしていません。もっとも、被災民も体育館のような場所にいるわけでもなく、災害現場に立ったまま、遠巻きに取り囲み、あのテレビでよく見かける首相がきた、あれがおいらの国の偉い指導者だと遠巻きにしているだけです。

 以前、911でアメリカが悲劇のどん底にあったときも、アメリカ大統領は多くの消防士を後ろに控えさせて、アメリカはこうまでされて指をくわえていることはないと言葉を吐き、これまた喝采を受けていました。
 もちろん、アメリカ人らしく、被害にあった家族には、その肩を抱き寄せ、その身で包み込むようにしていました。

 国によって、トップが災害や事件現場をおとづれての振る舞いは異なるのは当然です。

 膝を折って、被災した人の目線になって、接するというのは、確かなことはわかりませんが、おそらく、天皇陛下がお見舞いに訪れたあの雲仙での訪問が最初ではないかと思っているのです。
 体育館に入ってきた天皇皇后両陛下がそれぞれ別の方角に移動し、共に膝をついて、被災者の目線の高さで、手を取り、話を聞いていました。
 滴り落ちる汗も吹かずに、一人一人を尋ねたというあのことから、それは始まっているのではないかと思っているのです。

 それを見た私を含めて、きっと、多くの日本人が、その姿に感動をしたはずです。
 家族を失った悲しみも、家をなくした落胆も、これからの生活をどうしてやっていくかという不安も、だからと言って拭い去ることはできませんが、それでも、あの天皇陛下が自分の目の前で膝を床について、語りかけ、話を聞いてくれるのです。
 
 私、膝が悪く、運動するときはサポーターをしないといけないのですが、それでも、その真似をしてみました。
 大変なことです。
 並大抵ではできないことです。

 だから、国民の圧倒的多数は感動し、敬愛をするのだと思うのです。

 先だって、北の御曹司、どこか工場を視察したと報じられていました。
 用意された椅子にも座らず、掃除もされていないコンクリートの上に座り、お尻を真っ白にさせて、そうまでして工場の責任者を叱咤したというのです。

 私、そっと笑いをこらえました。

 そのくらいのことなら、私でもできる、って。
 そうじゃないのです。
 トップにある人というのは、国民の側に立って、思いを巡らすことが何よりも肝要なのです。

 私は自分の国日本に、懸命になって国民のことを思うトップが、首相のみならず、幾人もいることを素晴らしいことだと思っているのです。





自分らしさランキング

巡らす思いと沈殿する懸念


木漏れ日が溢れる、樹木の中の道に入ると、気温がさっと下がります。肌でその心地よさを感じ、走り抜けて行くのです。暑さの中で、一陣の爽やかな風を感じながら。


 その日、mont-bell のリュックを背負って、mont-bell の半ズボンを穿いて、mont-bell の、つくば駅の近くにあるショップに私はいました。
 
 いや、腎臓の検査のために、腎臓を切除した病院に、残っているもう一つの腎臓が正常に機能しているのか、それをCTで検査するために病院に行った帰りだったんです。
 きっと、あの先生のことだから、骨や肺に、ガンが転移していないかも調べるはずです。

 実は、下垂体腺腫のその後の検査のため、一ヶ月ほど前、この病院の真向かいにある大学病院で、MRIでの検査をしたばかりだったのです。
 どちらも、血管から造影剤なるものを入れての検査です。
 MRI検査の時、冷たい液が血管を通して体内に入って来るのを感じた時、私、ちょっと嘔吐感を得たのです。でも、緊急ボタンを押すこともなく、我慢して、検査を終えたのですが、それが気になって、CT検査の前に、そのことを伝えたのです。

 看護師さん、患者さんから申告があれば、病院の内規で、医師に報告し、検査の可否を判断するということになると、また、しばらく待たされることになりました。
 もうすでに一時間も、私は病院の廊下の冷房の効きすぎた長椅子の上で待っているのです。

 半ズボンなど穿いてこなければよかったと後悔をしながら。

 MRIは、磁気を使ってその共鳴で検査をします。あのブワーンフワーンという音の中でうつらうつらしながら、検査は終わるのです。
 CTは、X線で行います。
 ですから、音はほとんどありませんし、うつらうつらする時間もないくらい、今回もさっと終わってしまいました。
 隣に、看護師さんがついて、私の様子をずっと見ていてくれました。

 検査結果は来週主治医のところに行ってなされます。

 さて、食事を制限していたので、病院内のコンビニでちょっとしたパンと、水をたくさん飲めというので、ペットボトルを三本買って、休憩室で食べて、外に出たのです。
 
 強烈な太陽が紫外線を降り注いできます。

 つくばを南北に貫く「公園通り」という広い歩道には人っ子一人いません。
 私は、その道を木陰のあるところあるところと道を選んで、とある大学のキャンパスを抜けて、ロケットの屹立する万博記念館のある公園の端を抜けて、つくばの駅に到着します。

 先だって、港で見たカヤックのクルージング、あれが気になって、私は mont-bell の店にやってきたのでした。
 そこには、カヤックが売り物として飾っていたのを知っていたからです。

 私の車には、ルーフに荷物をおけるように荷台がつけられています。そこに、カヤックを乗せれば、川や湖にカヤックを運んで行くことができます。
 また、港に停泊させている船にカヤックを繋げてもいいと思っているのです。
 
 私がカヤックを置いてあるコーナーを色々と見ていると、若い女店員の方が声をかけてきました。
 この他にもパンフレットがありますから、お持ちしますというのです。
 そして、そのパンフレットを持ってきてくれました。
 これを参考になさって、ここにないもので、お気に入りのものがあるかもしれませんからと、親切に言ってくれました。

 私は、パドルや、カヤック用のライフジャケット、それに、スプレースカート、これは、カヤックの中に水が入り込まないようにするものですが、それなどを入れれば、結構な値段になるなと大まかな計算をしながら、とりあえず、カヤックとパドルがあれば、なんとかなると、それ以外の備品はおいおい整えていけばいいし、釣りや船で使っている備品で代用できるものも多々あると一人で思いを巡らしていたのです。

 買えない金額ではない。

 でも、あなた、カヤックを積んで、どこへ行くの、そんな時間があるの。
 船に繋ぐって言ったて、天候の悪い日、風の強い日はどうするの。
 
 今度は、巡らす思いではなく、沈殿する懸念が押し寄せるのです。  
 
 まぁ、急がなくてもいいのです。
 研究をしていけば、自ずと道は開け、光明が見えることは、これまでの人生であまた経験してきたのです。

 私は、いただいたパンフレットをリュックにしまい込み、つくばのバス・ターミナルに急いだのでした。



自分らしさランキング

あの日 あの時


近くの公園に置かれているこの「遊具」。一体、どうやって遊ぶのかと不思議に思っているんです。だって、子供が遊ぶには、高すぎます。大人だって。不思議な遊具だって、いつも思って通り過ぎているんです。


 我が宅のテレビに、泥水が入った無惨な家の姿が映し出されます。
 ひっくり返った冷蔵庫、ヘドロで埋まった床、ただただ呆然とするしかありません。
 しかも、三十度を超える暑さが被災者を襲っています。

 あの日

 竹ノ塚で水害にあって、私の家を含む一帯は床上まで浸水しました。
 しばらく、水が引かずに、区役所の方が、ボートに乗って、毛布と乾パンを届けにきてくれました。
 水が引くまで頑張れと言う言葉を残して、そして、水が引いたら、今度は消毒のため、荷台にタンクを積んだ三輪トラックが一軒一軒、丹念に消毒をしていきます。
 当時は、どの家も水洗トイレではなく、家まるごと、庭も垣根も、すべてに消毒液を散布しなくてはならなかったのです。
 まだ、小学生であった私はこの異常事態を、幾分楽しんでいたことを覚えているのです。
 あの時代の竹ノ塚は、駅前からして地盤が低く、ちょっとした夕立でも、水が入り、勤め人は革靴を手にして、ズボンを膝まであげて、帰宅を、それも楽しげにしていた、そんな時代でした。

 あの時

 それは、三月でした。
 大きな揺れが始まり、連発する大きな地震に、ただならぬ気配を感じたのです。
 避難した校庭には、雪が舞い始めました。
 無事、生徒たちを親の手に渡したのがよく未明のことでした。
 とことん疲れて、一旦家に戻り、仮眠をし、また、学校に戻りました。
 今後の対応を決定するためです。
 水は出ない、電話も通じなくなっている、耐震工事を施した校舎であるけれど、とてつもない大地震がきたら、この6階建ての校舎は、耐えきれるのか。
 さらに、隣県では原発が異常な事態に入っている、放射能汚染の危険もある。
 太平洋に面した港町は、津波の被害を受けている、霞ヶ浦は大丈夫かなど、心配することばかりで、学校は暫時休校の処置を決定しました。
  
 さて、今度はつくばの宅です。
 書架からこぼれ落ちた書籍を戻します。
 きっと地震の揺れで引き出された机の引き出しの上に、書架から落ちてきた本で、引き出しは壊れて閉まらなくなっています。
 あれもこれもとやることの多さに、途方にくれていると、長女の嫁ぎ先から婿殿の兄弟が一時間程度で来れる埼玉から四時間もかけて応援に駆けつけてくれました。
 大量のペットボトルに入った水と、食料を持って。
 そして、一時間程度ですが、キッチンの棚から落ちた食器類の清掃を手伝ってくれて、また、渋滞する道へと戻って行ったのです。

 近所の農家の屋根瓦はズレ落ち、どこもかしこも青いブルーシートがかけられています。
 新興宅地の自宅周辺では、さすが、耐震設計がものをいって、そのようなシートをかけることはありませんでしたが、どの家も「水」に困っていました。
 春まだ浅き頃ですから、風呂に入らなくても、大抵は我慢ができます。しかし、水洗トイレには困りました。あれ、随分と水を使うのです。
 何事も我慢と心しますが、生理現象だけはどうにもなりません。

 このような災害の時、何よりも頼りになるのは、遠い親戚ではなく、近くの他人、すなわち、ご近所です。
 何をするわけではないのです。
 ただ、言葉を交わすだけで、ホッと心が安心するんです。
 缶詰をいただいたり、ペットボトルの水をあげたり、そうしたちょっとしたことが力になったのです。
 ガソリンが買えず、車での移動も遠慮がちになります。
 だから、皆、公園に集まって、ちょっとしたものを持ち寄り、BBQらしきことをやろうと誰かが声をかけます。
 集まってきた人は少ないけれど、それでも、激励をしあいながら、明日への希望を見つけるのです。

 西国の人たち、自衛艦に設置されたお風呂に入る様子が報道されていました。
 五日ぶりの風呂だと言います。
 本当にいい顔していました。
 地域の若者たちが押し寄せてきた泥を袋に入れて土嚢を作っています。きっと、炎天下の中でしょう、言葉こそ少ないですが、自分たちの生まれたところを水から守ろうと必死の表情は、何ものにも代え難い美しいものでした。

 世界気象機関というのがあります。
 世界各地で、予想もしない降雨量、高温気象が頻発と発表しました。
 その筆頭に、西国での災害をあげて、台風と連動しての大雨が原因と述べています。
 アメリカでは、カリフォルニアのデスバレー公園で52度という記録が観測されました。アルジェリアでも51度が観測、北の大地北欧では気温上昇で干ばつが心配されている言います。
 
 日本だって、この気温、決して夏だからというわけではないのです。
 
 今、我が宅には大きなペットボトルの空きを捨てずにそこに水を詰めて、ウッドデッキの端に蓄えています。その数、百本近くになんなんとします。
 ガレージの冷凍庫には、釣りの餌に加えて、万が一の非常食が、一階の床下倉庫にも、乾物や乾麺、それに毛布や灯油が保管されています。
 ご近所に配布しても、少なくとも三日は大丈夫だろうと踏んでいるのです。

 あの日 あの時の
 教訓を生かして、生き延びなければと思っているのです。



自分らしさランキング
プロフィール

nkgwhiro

Author:nkgwhiro
ご訪問
ありがとうございます。

《 7/19 💦 Thursday 》

🦅明日、<Puboo!>にて、『ノボさんのボール』を発信します。

<ブログ的短編随想集です。
『不思議の曲<何日君再来>』は、<何日君再来>と言う楽曲が歴史に翻弄される様を綴った短編です。
『独りよがりの香り』は、ARANIS ALWAYS という名の香水にまつわる短編です。
『ノボさんのボール』は、これは自分でいうのもなんですが、発想が面白い作品です。ご堪能ください。>

下の[リンク]欄からアクセスして読むことができます。ダウンロードもよろしくお願いします。

❣️<Twitter>では、『ものかき』として、朝と晩『つくばの街であれこれ』の更新情報をつぶやいています。下の[リンク]欄からアクセスができます。

⏬下の[リンク]欄から、歴史小説『一門』『福明と李福』、旅行記『ポーツマスの旅』、また、<水彩画>など、<nkgwhiro>の創作活動にアクセスができます。  

皆様のアクセスを心よりお待ちしております。🙋‍♂️

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア