レフティーな私

34990fja,jn,fff46qkh
誰からもらったのかも忘れているのです。軍手で作った人形。それに、綺麗な衣装をつけ、毛糸で髪を作り。何十年も壁にもたれかかっているんです。


 マッカートニーが左利きで演奏していたことは、ただでさえギターをうまく弾けない私には驚異的な出来事に思え、同時に、素晴らしくかっこいいものとして認識されていたのです。
 もし、マッカートニーが右利きで、レノンと一本のマイクに立って、目を大きく開き、口をつぼめて歌っていたら、さほどの衝撃的な反応は示すことがなかったのではないかと思っているのです。 
 マッカートニーが抱えて演奏するあのヘフナー500/1ヴァイオリン・ベースは、無名の時代、ドイツのハンブルグで45ポンドで購入したものです。
 以来、あのベースは世界的に有名なベースギターとなるですが、これも右利き用のもので、それを弦を逆に張り替えて、レフティーにしたのです。
 デビュー前、ヘフナー500/1ヴァイオリン・ベースをメロデイアスに爪引きながら、「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」を歌うその姿はまさに天性の才能がそこにあることを示していると今更のごとく思うのです。

 イギリスに行って仕事をしていた時、現地のイギリス人と事務的な作業をしていると、結構、レフティーの人々がいて驚くことがありました。
 それは何も、オックスフォードやケンブリッジだけはなく、アメリカのボストンでもそうでした。
 男性、女性に限らず、レフティーの人が多かったことに気づくのです。
 きっと、これらの国では、この子はレフティーだから矯正しなくてはいけないなんていうことがなかったに違いない、だから、幼い時のまま、こうしてレフティーでものを書いているに違いないと思っているのです。

 私たちの世代では、子どもが箸を左手で持っていれば、すかさず、右手に持ち替えさせられました。
 半ば強制的に矯正を受けたのです。

 きっと、そこにはある種の偏見があったのだと思います。

 差別用語になっているとは思いますが、「ぎっちょ」という言葉があります。
 語源には諸説あるのですが、私は「ぶきっちょ」とは「不器用」の訛り、つまり、「きっちょ」とは「器用」を指し、レフティーは左でなんでもできるのだから「器用」である、「きっちょ」である、つまり、「ぎっちょ」であると考えているのです。

 私の出会った欧米人が紙をこれでもかと斜めにして、テーブルにおいて、左手でペンをユニークに持って、さらさらと書いているのをみると、随分と器用な書き方をする、「ぎっちょ」な人だと思って、いつも見ていたものです。

 自分の子供が幼児だった時、恥ずかしことですが、子供の状況がどうであったのかを良く覚えていないのです。
 仕事に明け暮れて、子供の様子を見てやることができなかったと言い訳をしてはいるのですが、しかし、孫のことは本当によく見ることができているのです。
 ですから、時たま、孫たちが左手でスプーンを持って、それを口に運んでものを食べているのを見ているのです。
 私も娘も、そうだからと手を叩いたり、箸や鉛筆を持ち替えさせたりはしませんが、そのうち、右手にそれらを持つように落ち着くのです。
 もし、孫の誰かが、レフティーであったら、きっと、そのまま左手でものを扱うようになるのでしょう。
 
 私たち人間というのは、どちらかというと、両手使いではなかったかと思う時があるのです。

 私たちが樹上で生活をしていた時、私たちは両手を平等に使うことで樹上生活を円滑に進めていたはずなのです。
 一つの手だけでは生きていくのに困難であったと思うからです。
 樹上から降り立ち、地上で生活するようになって、使いやすいどちらかの手を利き手にし、もう片方の手を補助に当てたと考えるととてもすっきりとするのです。
 
 実は、私、野球をする時、右投げ左打ちなんです。

 つくばに転居してきて、市のスポーツクラブに誘われてソフトボールチームに加入し、背番号16をもらった時も、右投げの投手で左打者ちで5番を打っていたのです。
 大体は皆右打席に入りますから、上位打線がチャンスをつかんだ時、左打者ボックスに入り、ライトに球を運べば1点を手に入れることができるという算段であったのです。
 
 ですから、今メジャーリーグで人気をさらっているあのオオタニサ〜ンの右投げ左打ちをみるとなんだか嬉しくてしょうがないのです。

 先日、卓球の練習をしている時、左手でラケットを握り、スマッシュをし、下回転で打ち込まれてきた球をツッツキで返しましたが、結構、様になっているのでびっくりしたんです。
 どうやら、私は、半分はレフティーであるのかもしれません。
 
 そうそう、私の右手には Apple Watch がつけられています。
 昔から、時計は右手首につけるのが、私には普通であったのです。しかし、よくみると、左手につけている人が多いことに気がつきます。
 利き手の右手を使いやすいするためです。
 私はきっと左手を使いやすいようにとそうしていたのかもしれません。

 この Apple Watch、バスに乗るときは右手を差し出せばいいのですが、コンビニで支払いをするときは、Apple Watch をつけている右手を、体をひねって右手首を体の左にある機器に近づけないといけないのです。

 もちろん、右手に Apple Watch をつけている人は、乗り物とコンビニでは私と反対の行動を強いられるのです。
 ですから、どっちがどっちとは言えないのですけれど、何でもかんでも便利がいいようにとはいかないのが世の中だと思えば、体をひねるくらい分けないことです。

 さて、右投げ左打ちの「ぎっちょ」な選手がヤンキースとの試合に出ています。
 どちらを応援したものか、ちょっと悩んでいるんです。




コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

コメント ありがとうございます
とても勉強になりました
これからもよろしくお願いします

今晩は

右手を使うというのは日本の文化から来ていると思ってます。
茶道をすると分かりますがほとんどの茶室は右手を利き手として考えられてます。(逆勝手もありますが)亭主が左利きで点前をすると大変やりずらいのです。
着物も左側が上になってます。右手で懐のものを取るためだと思います。
武士の脇差も左に差すのは右手で取るからだと思います。
神主の所作も幣、榊などを取るときは、右手が取り手、左手が添え手となってます。
生活文化そのものが右手を使うようなシステムだったので右でするように直されたのだと思います。
プロフィール

nkgwhiro

Author:nkgwhiro
ご訪問
ありがとうございます。

《 9/21 🎂 Friday 》
 
🦅本日、<Puboo!>にて、『nkgwhiro短編作品集「ある夏の五つの物語」』を発信しました。今回は有料作品となります。五つの物語のうち、一つを読めるように設定してあります。ぜひ、お目を通してくださればと思います。

<15.304字 400字詰原稿用紙38枚                            夏は、物語するにもっとも良い季節です。
開け放たれた扉の向こうから、異人たちも遊びにきてくれます。出かけた先でも、異人たちは向こうからやってきてくれます。
そんな異人たちとの出会いを綴った「nkgwhiro短編作品集」です。>

下の[リンク]欄からアクセスして読むことができます。

❣️<Twitter>では、『ものかき』として、朝と晩『つくばの街であれこれ』の更新情報をつぶやいています。下の[リンク]欄からアクセスができます。

⏬下の[リンク]欄から、歴史小説『一門』『福明と李福』、旅行記『ポーツマスの旅』、また、<水彩画>など、<nkgwhiro>の創作活動にアクセスができます。  

皆様のアクセスを心よりお待ちしております。🙋‍♂️

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア