大晦日にNHKホールで紅白歌合戦が見たいから

3094kf;nahy4637gakuj84qa
我が宅のダリアの花、これ意外に長持ちする花なんです。ですから、長生きをしている花を新しく咲いて来る花のために採って、こうして、陶器の水入れに浮かべるんです。光と揺れと花の美しさが相まって、とても清々しいんです。



 私、NHKが大好きなんです。

 なぜかと言うと、コマーシャルがないから、なのです。
 どうも、あのコマーシャルというのが好きになれません。かつて、広報宣伝という職に就いていて、広告に関連する仕事をしていたのに、そんなんなんです。
 だから、きっと、あの仕事から離れていったのではないかとも思っているのです。

 それと、やはり、自然や人間を扱ったテレビ的にタイムリーなドキュメンタリーはさすがに素晴らしい出来の作品が多いとも思っているのです。
 それに、世間的に影響を与える政治的イベントなど、例えば開票速報とか、アメリカ大統領の訪日とかがあれば、民放もそれを当然放映しますが、その時も、やはり、NHKを見てしまうのです。

 画面は同じなのに、NHKに信を置いてしまう自分がいるのです。

 ですから、NHKへの受信料不払い運動をしている人がいたら、わずかばかりの金をケチらないで、自分たちの金で素晴らしい番組が作られているよと思えばいいのさと言いたいのです。

 「なにゆえ、そなたは、かの放送局に肩入れをするのか」と目くじらをたてる方も当然おられると思います。

 実は、ここ二年ほど紅白歌合戦の観覧希望の往復ハガキを出しているのですが、どうも当たらないのです。
 大晦日の晩、NHKホールでのあの華々しい世界に身を置いて見たいと思っているのです。
 ですから、ネットで私が「忖度」をしているのをNHKの人が読んでくれていて、当選させてくれればと腹黒い思いを持っているのです……。

 先だって、シンガポールでの「歴史的」会談を中継していたNHKの番組で、ちょっとしたことに気付いたのです。
 それは、アナウンサーが「ネットではどのような反応が出ているでしょうか」と言って、ネットでの意見を紹介していたことなのです。

 街ゆく人にカメラを向けて、何気に意見を求める。
 もっとも、放送局によっては、打ち合わせができているという情報もありますから、信用できない側面もなきにしもあらずなのですが、でも、これ、テレビ放送の常套手段ですから、そこらあたりを差し引いて見ていればいいと思っているのです。

 通りすがりの、あるいは、買い物途中のごくごく普通の人たちのさりげない意見。
 ともかく、名もなき普通の人が思うであろうことと同じことを語る人々であり、同時に、異なる相反する意見を平等にとりあげ、それを放送するのです。
 放送局であれば当然のことで、自由を標榜する我が国では、何ら問題のあることではありません。

 しかし、「ネットでは」という言葉には、ちょっとした違和感を持ってしまうのです。

 もちろん、放送局にはそのような違和感を持たせる意図がないことは自明のことです。
 ネットという媒体から発信される意見に対して、マスメデイア中のマスメディアであるNHKがそれを取り上げているということには、少なからず、新しい媒体としてのネットでの意見を尊重する姿勢が見えて好感を持たなくてはいけないのですが、どうも、とってつけたような取り扱いで私としてはやはり違和感を持ってしまうのです。

 ネットはマスメデイアとは違う媒体なのですから、NHKがわざわざ取り上げる必要などないというのが私の意見なのです。

 ネットを使っている人が圧倒的に増えて、その人たちもテレビを見ている、それゆえ、ネットでの動向を放送することは、テレビが根本的にもっている視聴率的おもねりを感じてしまうのです。

 きっと、ネットで意見を述べている人たちの圧倒的多数は、マスメデイアとは違った観点、自由で、束縛を受けない観点から意見を述べているはずです。
 中には、誹謗や中傷を好むユーザーもいますが、それはそれでネットの特性ですから、聞き流しておけばいいことですし、度が過ぎればそれは犯罪になりますから警察が動けばいいだけのことです。

 でも、多くは、これまでマスコミによってこう言いなさい、そのように考えなさい、行動はこうあるべきですよと示唆されていたのが、自分たちは自分たちで考えて、行動をしたい、好き勝手にやりたいと、パソコンを使って、あれこれ工夫をして、意見を発しているのですから、特段、テレビで取り上げられたいと思っているわけではないのです。
 
 お笑いをそれを教える学校で習って、それを武器にテレビに出て名を売り、やがては政治的な意見を述べ、本を出す。
 それは素晴らしいことです。

 世の中に華々しく出て行きたい、そのために、努力をし、下積みをしてきたのですから、それはそれで讃えるべき人々なのです。

 私が観察するに、ネットで活動する人たちが大抵はそうではないということです。
 謙虚で、内向きで、しかし、努力を惜しまない、コツコツとやっていく人たちなのです。
 うちに籠もれば、時には暴言を吐いたり、突出した行動に出たりする人も出てくるのは当然です。しかし、大半は地道に自分の周りの出来事を綴り、写真に取り、ささやかな意見を開陳しているに過ぎないのです。

 そのネットでの意見をマスメデイアが紹介することはやはりお門違いのような気がしてならないのです。

 まぁ、そうは言ってもマスメデイアのNHKが嫌いになったわけではありません。
 こんな意見もあるということを、私はネットを使って発信をしたかっただけなのです。

 これも、NHKの担当者が見ていてくれたらいいかなと思っているのです。
 そうすれば、今年の大晦日、NHKホールでの紅白歌合戦を観覧できるかも知れないと淡い期待が持てますから。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nkgwhiro

Author:nkgwhiro
ご訪問
ありがとうございます。

《 7/23 💦 Monday 》

🦅ただいま、<Puboo!>にて、『ノボさんのボール』を発信しています。ぜひ、アクセスしてみてください。ダウンロードもお願いします。

<この作品は、ブログ的短編随想集ともいうべきものです。
『不思議の曲<何日君再来>』は、<何日君再来>と言う楽曲が歴史に翻弄される様を綴った短編です。
『独りよがりの香り』は、ARANIS ALWAYS という名の香水にまつわる短編です。
『ノボさんのボール』は、これは自分でいうのもなんですが、発想が面白い作品です。ご堪能ください。>

下の[リンク]欄からアクセスして読むことができます。

❣️<Twitter>では、『ものかき』として、朝と晩『つくばの街であれこれ』の更新情報をつぶやいています。下の[リンク]欄からアクセスができます。

⏬下の[リンク]欄から、歴史小説『一門』『福明と李福』、旅行記『ポーツマスの旅』、また、<水彩画>など、<nkgwhiro>の創作活動にアクセスができます。  

皆様のアクセスを心よりお待ちしております。🙋‍♂️

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア