きっと何かが起こるそんな予感

3mfrnffq634ih3279ejh64hop3
今年4年目の朝顔。咲き誇った花の、その中に宿ったタネから、四年連続して芽を出してくれました。今年は、タネが小さく、心配するも、葉は大きく、花芽もついているので、大輪の朝顔を期待しているのです。


 娘には悪いんですが、実は娘がくると、災難が起こるんです。
 あの大地震の時も、鬼怒川の決壊の時も、我が宅の水道管が破裂してガレージが水浸しになった時も、そこに娘がいたんです。

 そんなことを言うと、娘が気にするからと言わないようにしているんですが、このところ、日本に帰ってくると言うので、ちょくちょく連絡をして来るのです。
 大阪で地震があったんだってね、こっちでも大きなニュースになっているよ、何だか、あたしが日本に行くと何かしら起きるねって、そんなことを言うんです。

 わかっていない証拠です。

 あなたが来ると、必ず何かよくないことが起きるのです。
 その言葉を飲み込み、ところで、LALAのパスポート取れたのかと問いますと、あの郵便局のおじさん、七面倒くさいこと言って、埒があかないのとふてくされて言うのです。

 オーストラリアでは、日本と違って、郵便局でパスポートの申請をし、受領するのです。
 さらに、郵便局で微妙に異なると言うのですから、嫌になります。
 おおらかといえばおおらかなのでしょうが。

 で、何が問題かと言いますと、出生証明書と市民証明書が必要だと言われたと言うのです。
 出生証明はともかく、生まれたばかりの子の市民証明など、GOKUの時は言われなかったと口を尖らして言うのです。
 
 パスポートがなければ、日本には来れませんから、ブリスベーンの日本領事館に行って、日本のパスポートだけでも急いで取って来ると言うのです。

 つまり、郵便局で娘が求めているのは、オーストラリア国籍のパスポートなのです。

 GOKUも、LALAも、ゴールドコーストの海岸べりの国立子供病院で生まれましたから、当然のごとく、二つの国籍を有しているのです。出産にかかった料金も、その後の検診もすべてオーストラリア政府が面倒を見てくれます。
 もっとも、ちゃんと政府が取り扱う保険に加入してのことですが。

 そう言う子たちは、法律で定められた年齢に達したら、どちらかを選べばいいというわけです。はて、私の血筋を受け継ぐ二人の孫は、どちらの国籍を選ぶのか、楽しみでもあります。

 今のところ、GOKUはダンサーになりたいそうで、YouTubeを見ながら、真似事をしています。日本に来たら、盆踊りの時に着る浴衣が欲しいと行っています。
 私には、ラインで見るGOKUのダンスと、盆踊りがどう結びつくの、とんとわからないのですが、GOKUには、どちらも、ダンシングと言う点で同じようなのです。

 すっかり、英語を喋り、近所の子が遊びにきていれば、英語での会話をしています。

 私としゃべるときは、「たどたどしい」英語混じりの日本語になっています。
 幼い子供の脳は、まるでスポンジのように、言葉も、見るもの聞くものすべてをその脳の中に吸収しているようです。

 そのGOKUが泣いている、ちょうど、そんな時にラインが入りました。

 なんでも、まだ歩き始めてもいないLALAに冷たくあしらわれて、それで泣いているようです。
 下の子というのは強いものです。
 多少、上の子に突き飛ばされても、へっちゃらですし、反対に、兄を突き飛ばしたり、兄のものを取ったりするのですから。
 それでも、オーストラリアで生まれ、かの地で教育を受けている子供です。
 仲直りだと床に座るLALAを抱き寄せて、ほっぺにキスをするのです。

 パスポートが発行されたら、航空券を取るわけですが、はて、この夏、何が起こるのか、私はおっかなびっくりでいるのです。

 我が宅の水道管の破裂くらいならいいのですが、世間様にご迷惑をかけるような災害などおこならなければいいと、ひたすら祈っているのです。





自分らしさランキング

コメントの投稿

非公開コメント

そうなんです、でも、楽しみです

おはようございます。
いつも寄らせてもらっています。
私の方は今心待ちの状態です。
これからもよろしくお願いします。

No title

今晩は。

GOKU君とLALAちゃんが来るのは、楽しみでもあり、心配でもありますね。

でも、楽しみの方が大きいのではないでしょうか。
プロフィール

nkgwhiro

Author:nkgwhiro
ご訪問
ありがとうございます

《 2/19 🏃‍♂️ Tuesday 》
 
🦅 ただいま、<Puboo!>にて『革手袋とマフラー』を発表しています。アクセス、よろしくお願いします。

『革手袋とマフラー』
日々のたわいのない出来事が、意図せず、心を占領するってことがあります。
世間の話題になっているニュースに、一人カッカしている自分を垣間見た時のあのはずかしさ。
知り合いの健康を心配してやる自分を見て、少しは人の役に立てたかなと思うのと、いやそれは錯覚に過ぎないとそれを拒否する自分の心がせめぎ合う、あのどうしようもない感情。
かと思うと、耳垢を取っている時の、あの気持ちがいいと思う瞬間。
そんな、自分の周りに起こったなんともたわいない話の数々なのです。

【nkgwhiroの活動】

❣️<Twitter>で、『ものかき』として、朝と晩『つくばの街であれこれ』と題して、つぶやいています。そんな創作活動です。

❣️<Face Book>では、「イメージ集」の発信をしています。コメントは、英語と中国語でつけています。


⏬下の[リンク]欄から、拙著 歴史小説『一門』『福明と李福』、旅行記『ポーツマスの旅』、また、<nkgwhiro>の創作活動にアクセスができます。  

今年も、皆様のアクセスを心よりお待ちしております。🙋‍♂️

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア