抱かれて息のつまりし

39jal74234rwfa

筑波の峰のその麓
一軒の古びた農家が
一体誰が
この古びた家に暮らしているのか
いや
それともここは
時折
私を異次元に誘う印なのか




雪というものは、それが滅多に降らない土地に住む者にとっては、ある種の秘めやかな香りを伴って、押し寄せてくるものです。

 外の景色が一変します。
 何もかもが白一色に変じるのです。

 しかも、外に出るにいささかの勇気がいります。

 滅多に雪の降らない地域では、備えがないからです。
 靴という靴は、見事に滑ります。
 雪の降る世界を歩き回るにも、頭に肩に積もる雪を防ぐ手立てがありません。
 だから、ガラス窓のくもりを手のひらでそっとなぞって外の世界に見入るだけなのです。

 そして、秘めやかな香りがじわっと、心に押し寄せてくるのです。

 そんな日、気にかかっていたこと、それが今も続いているひとつの文章を思い出すのです。

  下京や 雪つむ上の 夜の雨

 『去来抄』の記載によれば、当初は「此句初め冠なし」の句であったとあります。
 つまり、最初の五句がなかったのだというのです。

 作者は、凡兆。
 芭蕉の弟子ではありますが、芭蕉よりも幾分年長であった方です。
 それを、芭蕉が、「下京や」を提案すると、凡兆は「あ」と言って黙ってしまったというのです。

 これが気になっているところなのです。

 「あ」には、凡兆のいかなる心理が働いていたのかということです。
 さすが、師のおっしゃることは違うと納得したのか、それとも、そうはおっしゃるけれど、ちょっと違うんだよなって思ったのか。

 さらに、芭蕉はたたみ重ねるように言葉を発します。
 「これ以上の句があれば、我は俳諧を辞す」と。
 
 なぜ、そうまで芭蕉は凡兆に強硬に出ていたのかって、これもまた気になることなのです。

 下京は、京都駅前から二条通りまで一帯の地名です。
 中京・上京が貴族の住まいが多くあったのに対して、下京は職人や町衆が多く暮らす一帯でした。
 だから、庶民の家々の屋根に雪が積もり、それが次第に雨に変わるという情景に、少なからず庶民的な風情が漂うことは、現代の我々にもよくわかります。

 では、なぜ凡兆は「あ」って言ったのでしょうか。
 そして、芭蕉は自分の発句をこれでもかと強く推したのでしょうか。

 私、そこに、人間の根底にある心を見て取っているのです。
 芭蕉は、弟子の作句の素晴らしさに嫉妬している。だから、下京などという地名を発句に推挙し、これ以上はないと言い放つのです。
 誰も師の言葉に異を唱えるなどできはしません。
 
 凡兆は、「あ」と言って黙ることで、一種の抵抗を試みるのです。

 「あ」には、師に対するおもねりが見て取れます。
 そこには気が付きませんでした、さすがに、芭蕉先生ですという作られた動作です。
 そして、沈黙は、そうは言っても、あまりに凡庸すぎるぞっていう彼の思いが沈黙となって現れるのです。

 それを去来は、冷徹な目で見逃さなかったというわけです。

 凡兆は、晩年、芭蕉の元を離れて、それがためかどうかはわかりませんが、随分と苦労したようです。
 華々しく各地を巡り、芭蕉師と呼ばれて、もて囃されたのとは異なり、凡兆はひっそりと、それも日々の生活にも苦労していたというのです。
 
 私、そんな凡兆のような人に、いつも同調しがちなのです。

 男がその心にライバル心とか闘争心とか、見栄を張り合うのに比べて、女性の句歌には秘めやかさがこれでもかと漂っています。

 雪降る外の寒さに曇り切ったガラス窓にそっと指を当てて、なぞります。
 「雪はげし 抱かれし 息のつまりしこと」
 橋本多佳子の句です。
 
 俳諧人も歌詠みも、日本の女性作家はどうしてこうも情熱的なのかと、「柔肌の熱き血潮に触れもせで」と詠んだり、「夜しんしんと女の幸の在りどころ」なんて、歌うのですから。

 晶子も、林ふじをも大胆で、率直です。

 はて、橋本多佳子は、息のつまるまで、誰に、何に、抱かれたのかって、そんなことを思いながら、外の光景を、窓の向こうに、私は見つめるのです。



自分らしさランキング

コメントの投稿

非公開コメント

こころより感謝


本当にありがとうございます
とても嬉しいです。

おはようございます

お元気でいらっしゃいますか

いつも懐かしく あるいは へぇって記事を読ませてもらっています。

ありがとうございます。

No title

心が痛くなるほど美しい景色ですね。
見知らぬ景色なのに、良く知っているような。
幼い時分に歩いたことがあるような・・・
涙がこぼれます。

こんにちは

芭蕉が「下京や」をつけた、素晴らしいですね。
自分も師匠から「つまんね。」とか「だから何だ。」なんて言われてましたが、
始めは「な、なんだこれは。」と思いつつも時間が経過するほどに、
師匠の言わんとすることが分かってきました。
確かに師匠が直しを入れると駄句も句になります。
句会の面々も十分に納得します。
おそらく「あ」はそういうことだったのでしょう。
「下京や」は効いてます。
プロフィール

nkgwhiro

Author:nkgwhiro
ご訪問
ありがとうございます

《 2/19 🏃‍♂️ Tuesday 》
 
🦅 ただいま、<Puboo!>にて『革手袋とマフラー』を発表しています。アクセス、よろしくお願いします。

『革手袋とマフラー』
日々のたわいのない出来事が、意図せず、心を占領するってことがあります。
世間の話題になっているニュースに、一人カッカしている自分を垣間見た時のあのはずかしさ。
知り合いの健康を心配してやる自分を見て、少しは人の役に立てたかなと思うのと、いやそれは錯覚に過ぎないとそれを拒否する自分の心がせめぎ合う、あのどうしようもない感情。
かと思うと、耳垢を取っている時の、あの気持ちがいいと思う瞬間。
そんな、自分の周りに起こったなんともたわいない話の数々なのです。

【nkgwhiroの活動】

❣️<Twitter>で、『ものかき』として、朝と晩『つくばの街であれこれ』と題して、つぶやいています。そんな創作活動です。

❣️<Face Book>では、「イメージ集」の発信をしています。コメントは、英語と中国語でつけています。


⏬下の[リンク]欄から、拙著 歴史小説『一門』『福明と李福』、旅行記『ポーツマスの旅』、また、<nkgwhiro>の創作活動にアクセスができます。  

今年も、皆様のアクセスを心よりお待ちしております。🙋‍♂️

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア